受講者の声

客観的に自分を見つめることができました。

伝えるべきことの目的をしっかり考えてから感情的に表現しないようにしたいと思いました。

受講者受講者

自分の怒りについて客観的に向き合うことができ、怒りの構造についても理解できると振り回されなくなります。
感情的になるのではなく、感情を伝えられるようになることが重要です。

高橋直子
高橋直子

自分自身で怒りやストレスはコントロールできるものだとわかりました。

怒ることと、怒らなくていいことの見極めをしようと思いました。

受講者
受講者

怒りは自然な感情です。でも、それをマネジメント出来ないのが問題になるのです。上手くコントロールして、しっかりマネジメントされた怒りを適切に表現することが大切です。

高橋直子
高橋直子


客観的に自分を見つめることができました。

伝えるべきことの目的をしっかり考えてから感情的に表現しないようにしたいと思いました。

受講者受講者

自分の怒りについて客観的に向き合うことができ、怒りの構造についても理解できると振り回されなくなります。
感情的になるのではなく、感情を伝えられるようになることが重要です。

高橋直子
高橋直子

  • いままでは反射的に怒りの言葉を発していたように思う。自分が変わらなければいけないと再確認できました。(K.H 男性)
  • 自分の「べき」と他人の「べき」は違うというところ。当たり前だが考えたことがなかった。(F.F 男性)
  • 相手に伝えたい事を伝えなければ何も変わらない事。怒りを感じた後、どう考えていけばよいかの段階がよくわかった。(T.M男性)
  • 普段何気なく付き合っていた感情を分解して考えた事がなかったので新鮮でした。家よりも会社で怒りが溜まりやすいのでうまくコントロールしたい。(T.Y 男性)
  • 職場全員がアンガーマネジメントの意識を持てば必ず環境が変わると感じました。部下、あるいは上司はうまく伝える手法があれば勉強したい。(Y.K 男性)
  •  とても参考になる事が多く、思い切って参加して良かったです。(K.T 男性)